制作目的から選ぶ 制作目的から選ぶ

採用サイト 採用サイト

コーポレートサイトと分け、採用に特化したサイトはターゲットを搾る事ができるので効果があります。求職者が何を求めているか?を形にします。

ジオコード

採用サイトを作るメリット 採用サイトを作るメリット

モチベーションが高く、社風にマッチした応募者 モチベーションが高く、社風にマッチした応募者

採用サイトで得るメリット 採用サイトで得るメリット

  • 募集する人材を的確に伝えることが可能
  • 社内の雰囲気や理念を求人サイロの様な決まった枠組みではなく、自由に構成可能
  • コーポレートサイトの「1コンテンツ」として存在する採用情報よりも、サイトとして独立させることにより、応募者に「安心感」「信頼感」を与えることが可能

自社で採用サイトを作りメリットはシンプルです。 「モチベーションが高く、自社の理念や社風にマッチした人間を獲得できること」
これしかありません。 応募者の気持ちや行動を考えればわかると思いますが、本当に行きたい会社があれば、その会社を見て、応募するはずです。
他の転職サイトを使って転職している人は、どうしても行きたい会社があるわけではなく、リストに上がっている中から選んでいるわけです。

もちろん転職サイトがダメだといっているわけではありません。そういう人の中にも優秀な人はいます。
しかし、本当の会社のファンは、会社の情報や商品などを頻繁に見てくれる人なのです。そして、そういうファンから応募してもらうためにも採用サイトは必要なのです。

差別化で印象付けを 差別化で印象付けを

  • ファン向けのメッセージ ファン向けのメッセージ

    会社の考えや温度感を偽ることなく記載する必要があります。ですから、テキストや構成を考えるのは制作会社ではなく、自社の、中堅以上(できれば重役)の方であるべきです。しっかりと人間像をイメージして、その人に向けたメッセージを作れば、自ずと伝わるはずですから。

  • 人気のコンテンツ 人気のコンテンツ

    先輩社員に質問 / 業務内容 / 社長メッセージ / 社内イベント情報 / 募集要項

  • 採用サイト 採用サイト

    採用サイトを運営しているだけでも、応募者にしっかりしている会社と思わせることができ、 他社とどちらにしようか悩んでいる際に、まずはこの会社にというきっかけを与えることもできます。 他社で行っていない事、という差別化でまずは印象付けることが大切なのです。

  • 社長ブログ 社長ブログ

    「社長はどんな人?」という疑問は応募者にとって、少なからず付きまとうものです。ブログの中でプライベートの紹介をしたり、会社での記事を増やしていけば、そのブログを読んだ人は、「会社の事」「社長の事」を把握した上で応募してきますので、ターゲットの絞込みが出来た求人が可能となります。

コンテンツ一例 コンテンツ一例

横スクロールでご覧いただけます

サイトマップ

コンテンツ詳細 コンテンツ詳細

  • トップページ / 1ページ
  • エントリーフォーム / 1ぺージ
  • 社風を知る / 6ページ
  • 会社を知る / 4ページ
  • 事業紹介 / 2ページ
  • 採用情報 / 3ページ

求人媒体代行サービス 求人媒体代行サービス

転職

転職

新卒

新卒

お問い合わせ・お見積り お問い合わせ・お見積り

お問い合わせは、30分以内に対応いたします。ホームページ作成に関するお問い合わせ、お見積りはこちら。
不明な点やご要望などお気軽にお問い合わせください。

  • 東京本社 TEL:03-6274-8081
  • 関西支社 TEL:06-6377-0395
  • 東京本社 TEL:03-6274-8081
  • 関西支社 TEL:06-6377-0395