ホームページは、作っただけでは「意味」がない。

採用サイト・求人サイト制作

応募者の9割は採用サイトを閲覧!御社の魅力を最大限に伝えましょう!

採用サイトを作るメリット

自社で採用サイトを作りメリットはシンプルです。

「モチベーションが高く、自社の理念や社風にマッチした人間を獲得できること」

これしかありません。 応募者の気持ちや行動を考えればわかると思いますが、本当に行きたい会社があれば、その会社を見て、応募するはずです。
他の転職サイトを使って転職している人は、どうしても行きたい会社があるわけではなく、リストに上がっている中から選んでいるわけです。
もちろん転職サイトがダメだといっているわけではありません。そういう人の中にも優秀な人はいます。
しかし、本当の会社のファンは、会社の情報や商品などを頻繁に見てくれる人なのです。
そして、そういうファンから応募してもらうためにも採用サイトは必要なのです。

アクセスアップ支援

作るのはファン向けのメッセージ

上記のことから、転職サイトの文言をそのまま使うことや、良くあるキャッチコピーでは意味がありません。
作るのは、ファンに向けたメッセージなのです。
会社の考えや温度感を偽ることなく記載する必要があります。
ですから、テキストや構成を考えるのは制作会社ではなく、自社の、中堅以上(できれば重役)の方であるべきです。しっかりと人間像をイメージして、その人に向けたメッセージを作れば、自ずと伝わるはずですから。

人気のコンテンツ

数多くの採用サイトを作っていく中で、必ず人気になるコンテンツがあります。

  • 既存社員に質問
  • 社長メッセージ
  • 社内イベント情報

大切なのはバランス

差別化で印象付けを

採用サイトを運営しているだけでも、応募者にしっかりしている会社と思わせることができ、 他社とどちらにしようか悩んでいる際に、まずはこの会社にというきっかけを与えることもできます。
他社で行っていない事、という差別化でまずは印象付けることが大切なのです。

社長ブログも効果あり

「社長はどんな人?」という疑問は応募者にとって、少なからず付きまとうものです。
ブログの中でプライベートの紹介をしたり、会社での記事を増やしていけば、そのブログを読んだ人は、
「会社の事」「社長の事」を把握した上で応募してきますので、ターゲットの絞込みが出来た求人が可能となります。

料金例とサイトマップ例

制作の流れ

制作の流れ

求人媒体代行サービス

採用サイト制作と共に、下記求人媒体の掲載も承っております。
求人サイトへ求人広告を出稿し、リンク先などを採用サイトにすることで、より一層の効果が期待できます。

取扱い媒体

お問い合わせ・お見積りフォームはこちら お問合せは30分以内に対応します。 ホームページ制作に関するお問合せ・お見積りはこちら。不明な点やご要望などお気軽にお問合せ下さい。