ホームページは、作っただけでは「意味」がない。

ホームページの必要性

ホームページの必要性とは?

世の中にインターネットが登場して以来、欠かせない存在となりました。
知識の共有やコミュニケーション、買い物や映像、音楽などの情報取得の手段として、幅広く利用されています。
さらに、スマートフォンやタブレットの爆発的な普及により、重要度は増す一方です。

そもそもインターネットっていつから始まったの?

日本において、1993年から、インターネットの商用利用が始まりました。
この頃はまだインターネットの普及率が低く、パソコンを持っているユーザーも少なかった時代で、ホームページを持たない会社がほとんどでした。
しかし、95年にWindows95が発売され、パソコンが身近な存在になるとともに、インターネットサービスプロバイダ(ISP)の急増でインターネット料金が一気にやすくなり、インターネット利用者が爆発的に増えていきました。
今では、どのような情報を調べるのにも、まずはインターネットで検索します。
特に企業間の取引であれば、まず間違いなく会社名で検索し、企業のホームページを調べます。
この時、インターネット上にホームページがなかったら、それだけで信頼感を失うことも珍しくありません。
つまりあって当たり前(なくてはならない)のもの。
それが現在のホームページなのです。

ホームページのメリット、デメリットは?

ホームページは24時間365日、文句も言わずに働きます。
ホームページに来訪したユーザーに、会社の案内や商品情報を伝えたり、商品を直接購入したり、資料の送付などを人の手を介さずに行うことができます。
病院や飲食店、美容院、エステサロンなどであれば、クーポンの発行やお店の内部写真、地図データなどを載せることで、初めての来店でも迷うことなく誘導することもできます。

では、ホームページを作るメリットとデメリットをまとめてみましょう。

メリット

  • 売上アップにつながる
    ECサイトのように、ホームページ上で直接販売をするサイトから、資料請求やお問い合わせに繋げるサイトまで幅広くありますが、ゴールがないホームページは存在しません。
  • 信頼の獲得
    会社名やサービス名で検索した際に、ホームページがなかったら、どう思うでしょうか?
    企業、個人問わず、しっかりとした会社であることを示すには、ホームページはうってつけの存在です。
  • 営業ツールとしての活用
    ホームページは紙の資料に比べて表現力が豊かで、変更等にも柔軟に対応可能な優秀な資料となります。
    実際、紙の資料を持たず、ホームページを活用する営業が増えました。
  • 自社の情報を気軽に発信
    ブログの更新、SNS連携などが容易になり、誰でも情報の発信が可能となりました。
    お客様の囲い込みや教育にホームページを活用するケースも珍しくありません。
  • 求人
    会社の情報だけでなく、理念や方針などを載せることで、自社にマッチした人間からの応募が期待できます。
    当社にも、よくファンのような応募者がいます。

デメリット

  • コストがかかる
    作成時や運用時にお金が掛かります。
    特に拘れば拘るだけ豪華なホームページが作れますが、その分コストがかかります。
  • 相当なエネルギーが必要
    ホームページの作成は家の作成によく似ています。
    要は誰のためのものか、という話です。
    ホームページの制作会社はホームページ制作のプロですが、あなたの会社の人間ではありません。
    あなたの会社のことを一番に考えられるのは、あなたの会社の人間しかいないのです。
    丸投げで良いホームページができあがった話は聞いたことがありません。

しかし、このようにメリットとデメリットをまとめましたが、しっかりと時間をかけて作ることができれば、個人的にはメリットしかないと考えています。
もし、ホームページ制作で悩まれていたら、お気軽にご相談ください。

また、成果の出るホームページの作り方に興味がある方はこちらも見てください。

>> ジオコードの制作実績

お問い合わせ・お見積りフォームはこちら お問合せは30分以内に対応します。 ホームページ制作に関するお問合せ・お見積りはこちら。不明な点やご要望などお気軽にお問合せ下さい。